飲むサラダ「マテ茶」セミナー

「料理王国」では、「フェデリコ農園」のマテ茶を輸入する
「ヤンソン・アンド・アソシエイツ」の協力で、
「マテ茶セミナー」を7月28日にミーレ・センター表参道で開催した。

お客様のご要望 ヤンソン・アンド・アソシエイツ有限会社

野菜不足の現代人にとって栄養の宝庫であるマテ茶の健康効果を広め、また、フルーツやハーブと組み合わせて味わうマテ茶の可能性を伝えたい。

飲むサラダ「マテ茶」で美食を楽しむ

南米の食習慣では、日本人の3倍以上もの肉を食べ、野菜はあまり食べない。しかし、それでも生活習慣病の発症率が低く、肥満が少ないのは、マテ茶を習慣的に飲むことに関係があると言われている。

そのマテ茶のなかでも最高品質とされるのがパラグアイ原産の 「フェデリコ・マテ」である。このフェデリコ・マテを栽培する「フェデリコ農園」では、農薬などを一切使用せず、米国、欧州、日本の厳しいオーガニック認証を得た上質なマテ茶を生産している。



セミナーでは「HAL YAMASHITA 東京」の山下春幸さんがマテ茶を使った料理3品を披露。今回はすべての料理にマテ茶を使ったので、お粥、牛肉、デザートの順にお茶の味わいを強めて3品のバランスをとったのもポイントだ。
山下さんは「現代人にとってマテ茶はミラクルな存在。今後活用したい素材として注目 したい」と、実感を語った。

デモンストレーションメニュー
・マテ茶かゆ海老とガーリック醤油煮
・牛肉のローストマテ茶風味 with 和からし ジンジャーソース
・マテ茶和風牛乳プリンこし餡ブランデーソース
※デモンストレーションのレシピは料理王国10月号P107に掲載されています。

「HAL YAMASHITA 東京」

Haruyuki Yamashita

山下 春幸
HAL YAMASHITA 東京 エグゼクティブシェフ
1969年、兵庫県神戸市生まれ。大阪藝術大学卒業後、世界各国で修業を積む。2003年より「NADABAN 神戸元町」「HAL YAMASHITA 東京」「トップテーブル 東京スカイツリータウン」「HAL YAMASHITA 大阪梅田」などを次々にオープン。

※本ページに掲載されている情報は、セミナー開催時点の内容です。

お問い合わせ