料理王国100選主催
オンラインプレゼン会


― 新時代に向けて実践すべき新たな営業手法 ―

料理王国100選 
オンラインプレゼン会インタビュー
(バイヤー編)

プレゼン会後、商品の採用進捗やバイヤーさんの情報を伺いたく、
お邪魔していくつかお伺いしましたので、ご紹介します。

株式会社フードアンドパートナーズ
営業本部 商品部 主任 加藤優樹さん
https://foodandpartners.co.jp
Q.会社のことを教えてください。
A.当社は2015年に創立したキッチン用品の貝印と百貨店の高島屋の合弁会社として創業しました。「日本の食ブランド」を国内外で展開することを目的に、特に『発酵食品』に力を入れて商品開発を行なって来ました。東京農業大学名誉教授の小泉武夫さんは当社の顧問です。
自社で直接販売は行わず、商品企画開発卸業となります。
Q.主な卸・販売先はどういったところでしょう?
A.関東圏の百貨店様のギフトが主ですが、最近では宅配向けや高質スーパー向けにも卸を行なっています。並行しておせちのパーツ惣菜開発も行っています。
Q.どういう商品を求めていますか?
A.会社のテーマとして『発酵・ビーガン』といった健康的な商品を先様から求められることが多いですが、酒類以外の食品全てのカテゴリーを求めています。高島屋様のローズキッチンという宅配カタログでは月ごとに販売テーマが変わるので、だいたい3ヶ月先ぐらいの季節性を持った商品が希望です。
おせちは中に入る惣菜毎に開発をしていますが、既に2022年向けの開発中で先々の開発なのでかなり大変です。
Q.料理王国オンラインプレゼン会からの取引状況は?
A.新潟県のお吸い物メーカー様は高島屋のバレンタイン企画に採用決定しました。また、石川県の漬物メーカー様とは取引契約を結び、OEM製造商品の原材料供給での商談が進んでいます。その他、3社ほど提案のやりとりをしておりますがギフト提案となりますので決定はもう少し先になるかと思います。
Q.オンラインプレゼン会の感想は?
A.正直、提案がマッチングするかしないか差が大きかったです。また、メーカーさんによっては提案方法の良し悪しがありましたがこれはしょうがないかなと思います。 良いところで言うと展示会は結構「訪問漏れ」があるのですが、オンラインで順次提案をいただけると漏れがなく、事前に下調べができるので、すごく助かっています。 悪いところですと、開催スケジュール頻度が高いので、もう少し余裕をもってもらえたらなと思いますが、今後もぜひ出席したいです。
(2020.10.22聞き取り)
5回 オンラインプレゼン会
参加費:22,000円(税込)
2020年11月9日(月) 14:00~17:00予定
第5回オンラインプレゼン会
お申込みはこちら

※受付は終了しました。

このような課題は、ありませんか?

地方のこだわり
食品メーカー様
地元人口減少や旅行者激減で販売店舗の売上低下。
卸条件が満たせず直接バイヤーへ提案できない。
通販は広告費がかかる。
商談スキルに自信がない。過去の商談内容のプレビューができない。
展示会・商談会
効果的なマッチング
例年出展の展示会が今年は次々と中止に!商品をアピールする場が無い。
展示会実施の際は、旅費交通費も含め出張費がかさむ。
展示会を実施をしても名刺は集まるが、サンプル送付しても反応がない場合がある。
こだわり商品を求める
バイヤー様
希少性や新しい地方メーカー様の商品を多数知りたい。
同業他社バイヤーの意見が知りたい。
提案商品の売りポイントを簡潔に効率よく聞きたい。
オンラインでの商談が、リモートワークの広まりによって多くの企業で取り入れている状況です。
『料理王国』が主催する料理王国100選では、過去2回にわたり試験的に、地方の食品メーカー様などに向けて都内のバイヤーを集めた「無料オンラインプレゼン会」を開催しました。
実感としてまだまだ「温度感が分からない」、「提案の精度を上げたい」という営業の声も多く聞こえてきたのも事実です。
今回をきっかけにオンラインプレゼンの「ライトさ」にメリットを感じた方も多いことでしょう。
セールス側にとっては「この提案は刺さっているのだろうか」、「言いたいことは伝わっているのだろうか」と不安になった場面もあったのではないでしょうか。
スキルアップセミナーでは、著名なシェフや食品系バイヤーなどプロフェッショナルな食情報に精通している料理王国100選が、メーカー様とバイヤー様を専門的にマッチングしながら、オンラインでのプレゼン方法のポイントもご提案し、食ビジネスの新たな販路や出会いのプラットフォームとなってまいります。

オンラインプレゼン会のメリット(1)
出張経費の削減

事例

北海道から東京へ出張商談する場合

【経費】
■ 宿泊出張費 約4万円(出張パック、2泊3日)
■ 出張手当  約1万円 +α・・・
慣れない場所での多大な時間や労力も。

出張経費

0円

移動にかかる負荷や時間も
かかりません。

オンラインプレゼン会のメリット(2)
営業効率

事例


■ 出張商談でアポイントがとりにくい。
■ 電話営業は応答対応できない時がある。
■ メール営業は既読確認ができない。
■ 商談会は開催頻度が少ない。
■ コロナ禍での接触営業は敬遠される。

接触の多い従来の方法が通用しない時代に。
  • 販売先のニーズがダイレクトに分かる
  • 料理王国がアサインした『料理王国100選』品評委員、決裁権あるバイヤーに向けて直接プレゼンできます。
  • 短時間で複数バイヤーへプレゼン可能
  • 商談時間は約10分。バイヤーともに集中したプレゼンが可能です。直接魅力を伝え印象付けることができ、その場でコメントを受け取りあえます。
  • プレビューによる復習で商談スキルアップに
  • 自分の商談を復習できます。反応を社内共有することで、次回の商談や他社へ営業戦略を立てられます。

オンラインプレゼン会のメリット(3)
提案後のフォローアップ(有償参加の場合)

事例


■ オンラインで一方的な提案で反応が不明。
■ サンプルや資料を送付しても返事がない。
■ 当社の製品について何らかの反応や考えを少しでも知りたい。

バイヤーは多忙。無数の提案に時間をかけて個別返答は不可能。
  • バイヤー個別に反応を確認します
  • 全体的なアンケート結果だけでなく、参加バイヤー個別に聞き取り確認し、簡単なレポートを作成して提出致します。
  • 展示会では不可能な初動フォロー
  • 展示会では受け身の名刺交換で精一杯。その後の提案営業が肝心ですが、料理王国の担当が初動フォローします。
  • 適切な販売先をお探しします(準備中)
  • 今回のオンライン参加バイヤーでは貴社の商品とマッチングしなかったかも知れません。採用可能性の高い販売先を探し、ご紹介します。

オンラインプレゼン会のメリット(4)
料理王国100選エントリー特典








隔月刊誌『料理王国』
料理王国100選とは

1994年の創刊以来一貫して文化としての"食"を見つめ料理人が真に求める情報をいち早く伝える情報誌「料理王国」。一流シェフ・バイヤーなど食のプロたちの厳しい目と舌で選ばれた注目すべき食の逸品100アイテムをご紹介する「料理王国100選」。ここで認定されたアイテムは、公式通販サイトで販売されたり、海外の食の商談会などで紹介されるなど、多岐にわたって広がりを見せています。

オンラインプレゼン会
参加バイヤー企業(一部)

今後もその他企業多数参加予定

トライアルオンラインプレゼン会
アンケート結果


トライアルオンラインプレゼン会
アンケート結果

(2020.5月-6月実施)
メーカー様

トライアルオンラインプレゼン会
ご意見(一部抜粋)

(2020.5月-6月実施)
今回のトライアルオンラインプレゼン会の感想をなんでも。良いところも悪いところも簡単に。(15件の回答)
  • 画面越しなので、手ごたえや相手の反応がわかりにくかった。資料を用いたプレゼンで商品説明を行ったが、プレゼン中は自分が一方的に説明し続けてしまうので、相手の求めている情報を提供できたのかがわかりにくかった。
  • 場所を選ばず、一度にさまざまなバイヤーさまへのプレゼンを行えるのは、地方の身としてはとてもありがたかったです。ただやはり対面ではないので、直接試食していただいたり、感想を直にお聞きしたり、そのあたりが物足りなく感じております。
  • アピール不足及び自社製品に魅力が乏しかったのかなと感じた。
  • 初めての参加であったため、あわててボリューム設定を低くしたまま参加してしまったり、ミスや反省も多くありますが、オンラインプレゼン会を経験できたことが大きな収穫だと感じています。現在はあまり多くの予算を投入できない状況ですが、状況が好転してきたらもっと積極的な参加を会社にも提案していきたいと思います。
  • 費用対効果が有れば、それに見合う有料でも良い。質問や意見が少なかった。オンラインは初めてで、プレゼンが未熟だった。
  • 移動不可なく、複数のお客様に商品説明ができるのは良いと思いました。ただオンラインなので画質にもよるのかもしれませんがお客様からの反応がいまいちわかりませんでした。
    酒バイヤー向けであればまた参加させていただきたいです。 やはり直接お会いでいない分、印象も残しづらいと感じましたし、双方向のコミュニケーション(質疑応答)もしづらいと思いました。
    試食出来なかったのが残念でした
  • オンラインでの商談は初めての参加でしたが、オンラインでも自社商品をPRすることができるということが実感でき、学びの多い商談会となりました。また、商品の見せ方や提案方法など改善点も見つけることができ、良い機会となりました。また、事前にメールでプレゼン会の注意事項や商品提案のポイントなどをメールで送っていただき大変参考になりました。
  • 今回初めての参加だったこともあり、スピーカー音量の調節を間違えたり、反省点は多々ありましたが、オンラインプレゼン会に参加できたことが大きな収穫と経験になりました。
  • 新しい時代あった商談会で、いいお店のバイヤー様きていたので、とてもよかかったと思いますが、オンラインでは伝わらないことが多い事もあり、そこが課題だと思いました。
    リモートでのプレゼン商談自体はじめてだったので、大変勉強になった。ただ、リモートの場合、表情や雰囲気がつかみにくいのでプレゼンは難しい。慣れが必要。
  • 商談の入口として、お取引先様と画面を通じて物を見ながら話せるのでわかりやすかった。
  • 各社10分のプレゼン時間も適切で、回を重ねる毎にクオリティも高くなると思います。弊社カタログへの掲載は難しい商品が多いですが、勉強のためにも今後も是非参加させていただきたく存じます。
  • 提案商品の最大のウリが何かを一番最初に話していただけると助かります。

プレビューで振り返ることができ、自社の強み・弱み、またバイヤーの感じ方もつかめ、
次回の個別商談への戦略に貢献します。

トライアルオンラインプレゼン会の様子
(動画一部)

(2020.5月-6月実施)

定期で開催する料理王国100選の
オンラインプレゼン会

商品のこだわりや良さをきちんとお客様に伝えたい。オンラインプレゼンでは、ダイレクトなコミュニケーションで簡潔により多数へ商品のご提案が可能です。 著名なシェフや決裁権のある食品系バイヤーなど、プロフェッショナルな食情報に精通している料理王国100選ならではの機会を定期的にご提供いたします。
5回 オンラインプレゼン会
参加費:22,000円(税込)
2020年11月9日(月) 14:00~17:00予定
※開催1回につき、メーカー/生産者様の参加は最大40社までとなります。申込み多数の場合、抽選とさせて頂きます。

お問い合わせ

「料理王国100選 2021」 事務局 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-5-6-3F
ジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社
マーケティング本部 メディア部
料理王国
TEL :03-6861-6101 FAX:03-6861-6102
info-100@cuisine-kingdom.com
https://ck-inc.net/

Subscription 定期購読のお申し込み

お問い合わせ